ただ、自然体でいるということ

弛緩するコミュニケーション

仮想通貨とバブルとやらかし

とりあえず、仮想通貨で盛大にやらかした。

 

 

「余剰資金しか運用」するなという先人達のありがたい教えがあるにもかかわらず、一番高い時期にありったけの資金をぶっ込み、現在に至る。

 

 

まあ、ご覧のありさまである。

 

資金は約3分の1になった。

 

 

せっかくの彼女ができて色々遊びに行きたいのにカネがほとんどない。

デート代は不用品を売り払ったりしてなんとか工面している。

高値掴みした仮想通貨は、なんか悔しくて手放す気になれず、指を咥えながら塩漬けしている。

 

 

むかし生活に影響がない程度にNEMとRippleをやっていて、一度暴騰したけど天井で売れずに(まだ上がるだろ的な)結局小金が必要になった時にちょっとだけ利益が出るかたちで利確。(僕が利確した2ヶ月後くらいに暴騰したのを後から知って、なんか悔しい気持ちになった。今回まだ売ってないのはその記憶があるからだろう)

 

 

バブル真っ盛りの頃はポジションを完全に解消していたので、金融日記でなんかめっちゃ上がってるらしいという情報だけ知っていた。所長のビットコイン系の読み物は、煽りもかなり多かったけれど、切り口が斬新ですごく面白かった。(特に印象に残っているのは「暗号通貨はダメンズ」発言である。)

 

 

正月にふと友人達と会った時に、彼らが上手いことやりくりして、結構な額を稼いでいるという事を知ってしまったのが不味かった。

 

僕も負けてられん、と再び暗号通貨の世界に飛び込んでみたはいいものの、負けず嫌いが発動して色々な資金を全部ぶっ込んでしまった。

 

どうせまた最初にXEMやRipple買った時のように倍くらいになるだろうし、そこで売り抜ければいいやろみたいな浅い考えであった。

 

 

 

まあ起きてしまった事はしょうがないので、次にやることを考えたのだけれど、シンプルに「また金を稼ぐ」しかないんだな、という結論に至ったのでまたせこせこお金を稼ごうと思う。

 

 

結局今回の騒動での勝者は、元々「持っていた」人達であったし、これから似たような事が起きても、同じ結果になると思う。

だから結局、一攫千金なんか狙わずに、こつこつと「持っている人」になるしかないんだ、というのを学ばせて貰った。

 

 

 

 

今回の騒動はいわゆる仮想通貨バブルと言われている。

 

親の世代ならいざ知らず、僕達の世代はバブルというものを経験したことがない。

 

生まれてからずっと、下がるニュースばかりであった。(僕の記憶には良いニュースが全く印象に残っていないえだけかもしれない。)

 

阪神淡路大震災が起き、サリン事件が起き、恐怖の大王が来て、9.11が起きて、リーマン・ショックが起きて、3.11が起きた。

 

 

生まれてこのかた、良い夢を見たことなんて一度もないんだ。

 

だから、たまには、少しくらい良い夢を見たっていいじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、最後に1つ。

 

 

 

 

 

 

「醒めない夢はない」

「性の対象として見られたい」

これは社会的な動物に課せられた種の呪いか?

 

 

東電OL殺人事件という昔の事件の特集がテレビでやっていた。

被害者は東電でOLをする傍ら、毎日のように売春行為を繰り返していた。売春相手の外国人により殺害される。

心の底にあったのはオンナとして見られなくなる不安だという。

ありがちな話だな、と思った。

 

 

 

恋愛工学とかナンパとか、そういう環境に身を置いていると、そういうオトコもこれと同種なんだなということに気付けるようになる。

 

オトコとして見られたいから、身体を鍛えて、色んなオンナをオトして、セックスする。

 

そういう事が社会的にケンゼンか不健全かは置いておいて、どっちも似たようなもんだなあ、と。

水泳とトランス

最近、というかだいぶ前から水泳をやっている。

 

ずっとできなかった背泳ぎをインストラクターの方に教えてもらったら25mを軽々と泳げるようになった。

 

それ以降背泳ぎにハマってしまい、延々と背泳ぎばかり泳ぎ続けている。

周りからはキチガイじゃないかとか言われるけどやりたいんだからしょうがないじゃないか。

(クロールは苦しいからあまりやりたくない)

 

その後もちょくちょくインストラクターの人に見てもらいながら、フォームを調整して、なんとかいいところまできた。

 

今日は初めて2000mを泳いだ。

とりあえず2000と目標を定めたはいいものの、泳ぎきった後は「まあこんなもんか」感しかなかった。

 

最初の500は辛い。

でも後は微調整しながら似たような動きをひたすら繰り返すだけ。

その中で良くなったり、悪くなったりする。

泳ぎながら考え事をしたりもする。

 

 

でも、決まって良い泳ぎができるのは、何も考えていない時だ。

目を見開いて、腰が浮いて、脚の力も抜けて、肩が回って泳ぐ。

それが自然にできている時。

自分の泳ぎの機微はもちろん、友人のこと、彼女のこと、日常のこと、過去のことや未来のことを何も考えていないときだ。

 

そう、トランス。

トランス状態にあるとき、1番良い動きができる。

 

トランスに入ろうと思って入れるものではないし、トランス状態を長く保つ集中力もないけれど、トランスにある時1番良い動きができている。

身体がそう覚えている。

 

 

大腰筋にトラウマが司る話ではないが、ふと、自分の身体は自分の脳・記憶力より多くの物事を覚えているいるものなのだな、と思った。

文章は勝手に踊り出す

最初はブログを書くということがとても億劫だった。特にタイトルや書き出し。

 

書き出す前に、あれを書きたい、あの人のような文章を書きたい、あれを紹介したいという様々な気持ちがよぎる。

 

ちょっと真似してみたりもするのだけれど、どこかで、まるで自分の欠いた文章ではないような感じがして、気分が悪くりその先が続けられなくなる。当然お蔵入りである。

 

けれど、なんとなく、気持ちに任せて文章を書いてみると、書きたいもの、吐き出したいものがスラスラと出てくる。

それはまるで自分が見てほしかったもの、聞いてほしくてウズウズしていて溜まっていたものが、ワーッと飛び出てくるようで、我ながら色々と溜め込んでいるんだなあ、と感じる。

 

僕の脳から画面をタップする指先に直接送られる文章は脱線だらけで、ひどくまとまりがない。

 

けれど、それもまた目的地のない旅のようで楽しいものだ。

 

このようなものでもよければ、ぜひこれからも付き合っていただきたい。

女性と長期的な関係を築くということ

F子ちゃんにはキツい煮え湯を飲まされたが、不思議とダメージは少なかった。

 

むしろ余裕ができたといってもいいぐらいだ。

 

我ながらしたはたかなもので、なんだなんだ良好な関係は続いているし、そのうち隙があったら狙おうとすら思っている。

常にギラギラしているよりはそのくらいの関係のほうが健全なのかもしれない。

 

 

 

やるべき事が見えたのも大きい。

 

 

ナンパ師や恋愛工学生が愛してやまない「心がキレイな女」は実際に存在する。

 

確かに存在はするが、僕のようなちょっとひねくれた人間が普通の男と、メンヘラ男やガチなアウトローの人達との狭間に存在するように、彼女らもいわゆる普通の女と、メンヘラ女の狭間に存在する。

 

 

さらに、両者は惹き合うのだ。

同族だという認識があるのかないのかは分からないが、「類は友を呼ぶ」という言葉のとおりになる。


僕も正直よく分からないのだけれど、なんだなんだ普通に話ができて、話が合って、サクッと信頼関係ができたりする。不思議なものである。

 

問題はその先である。友達から恋人になるにはどうしたらいいか。


信頼関係を築くのは問題はないが、ここから恋愛として発展していくのには必須となる要素がある。

 


「その人はオトコとして魅力があるか?」

 


僕たちが魅力のない女の子を嫌うように、女の子も魅力のない男が嫌いだ。

 

好きになる「魅力」は人によって千差万別なのだな、どうも僕たちが愛してやまない「心がキレイな女性」というのは、身体的な魅力と、社交性や人間性をすごくしっかり見ているようで、ある程度のラインに達してないと容赦なく足切りを喰らう。

(不思議なことに、お金を稼いでいるかどうかはあまり関係ない)

 


僕は身体が貧弱だ。ジムもサボりがちで、体脂肪率も高いうえ身体も固く、セックスも上手くできない。

なのでまあ、その辺りから足切りを喰らったんだろうな、ということが容易に想像できる。

身体面に対してもっとストイックにならねばなるまい。

 

 

今の彼女もいい女性であることに間違いはないのだが、もうちょっと良い男の人が寄ってきたら僕はあっさり捨てられるかもしれないし、もう既に他に男がいるかもしれない。


無論、彼女の事は信頼しているのだけれど、「二人の関係はただの口約束で、どちらかがその気になればすぐに破棄できる」ことは念頭に置いておかなければならない。カレシカノジョなんてなんの拘束力もない、薄っぺらい関係なのである。

 

 

それを分かったうえで、彼女の事を大切にしていこうと思う。

いつでも切れる関係だからこそ維持する事のに努力がいる。

僕はいつも自分のことばかりだから、たまには他人のために頑張ってみるのも面白い。

また1つ前に進む

今の彼女とは別に好きな子がいた。胸がFカップくらいあるのでF子(仮名)としよう。

 

 

F子とは何度か飯に行き、お互いに色々な話をした。

 

セクトラもした。

 


セクトラの失敗

http://ma-rarely-ni.hatenablog.jp/entry/2017/10/20/204830

 

信頼関係も十分すぎるほどあったはずだ。

 

セクトラをした後も普通に喋ってくれたし、飲みに行くこともした。

 

 

 

飲みに行った時、僕が彼女を作って別れて、その間にちょっと遊んで、また彼女ができた話をした。

 

 

 F子は彼氏は長い間いないものの、特定の人と定期的に遊んでいた。 

 

 

「彼氏とかいらない」「まだ遊んでいたい」が口癖のF子だが、女の子の言葉というものは全くアテにならないもので、

 

僕が彼女と仲良くやっていること、一歩を踏み出したら上手くいったことを話していると、F子もだんだんと心を開いてきた。

 

 

 

「私だって、普通に彼氏作って、イルミネーションとか、水族館とか行きたい」

「いい加減落ち着いて、幸せになりたい」

 

 

そう言ったF子は普段の強がりでツンツンしている姿とは真逆の、純粋な乙女になっていた。

 

もうひと押しだな、と僕は思った。

 

 

「私独占欲とか強いから、他の女の子とかと喋ってるだけで妬いちゃうんだよね」

 

『別に嫉妬してもいいんじゃないの?それって好きの裏返しなわけだし。それを相手にどう伝えるかが問題なんでしょ。』

 

「えー。他の子と喋ってるだけでヤキモキするの、好きってことなの?」

 

『好きってことだよ笑。てか、今いるんだ、そういう人?』

 

僕は勝ちを確信していた。

 

 

「いるけど、えー、なんかその人とどうこうなりたいっていうか、そういうの考えてないし。なんか認めたくない笑」

 

『ええやん、そんなのあとから考えれば笑 その人のこと好きなの、素直に認めたら?』

 

 

「正直、認めたくないけど笑」

 

 

 

 

 

 

「変だって思わずに聞いてよ。私、R君が他の子と喋ってるの見てめっちゃヤキモチ焼くし、横に来ると心臓バクバクで、普通に喋れないの。」

 

 

勝ちを確信していた僕は、ただの道化だった。

 

 

 

R君は、野性が溢れる見た目をしているのだが口調は敬語で柔らかいうえ、天然ボケでとにかく面白い。

性格も優しく、真面目な面もあるが誘惑に弱い一面もあり、ひたむきで人間らしい人間と言えるだろう。

その見た目・性格から結構モテるのだが特定の相手はいない。女の影はチラついているものの、口が堅くあまり喋ろうとはしない。

 

彼はいわゆるナチュラルモテの部類に入る。

感情豊かで、面白くて、優しい。女の影もある。

そんな彼を好きになってしまうのも無理はないだろう。

 

 

 

まあ、ここまで信頼関係を築いたのにも関わらず一蹴されてしまった僕にも問題がある。

 

結局のところ男扱いをされていないのだ。

ビジュアルか、社交性か、あるいは両方か。

 

 

いい加減「ひたむきな努力家」や「ひとかどの人間」になる時が来ているのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

いくら辛くても、また、立ち上がらなければいけない。

 

今日は、辛くて大きい一歩を、進んだ。

別れと出会い

初めての彼女と別れた。

 

期間にして2週間程度。

しょせん彼氏彼女なんて口約束に過ぎないんだな、と思う。

 

 

元々「とりあえず彼女を作ってみたい」といういい加減な打算からなんとなく付き合ってみただけ。我ながら無責任なものだ。

 

 

別れを切り出したのは僕からだった。

こんな関係は健全ではないから。あなたにはもっといい人がいるから。僕のことは恨んでいいから。少しだけでいいから考え直す時間が欲しい。

 

 

そんな軽薄な美麗字句を並べて別れを切り出した。

当然相手は渋る。ここで別れたら再び同じような関係になる事はないと予感していたのだろう。当然僕もそのつもりだったのだが。

そこをなんとか勢いで押し切った。僕が全部悪いと言って、関係を切った。彼女のワガママに付き合わされるのは正直限界だった。

 

 

自分が全部責任を負って別れたおかげか、信頼関係は(表面上は)まだ保たれている。

たまに遊びに行ったりもする。遊ぶ予定もあったりする。でももうセックスはしない。僕はそういう線引きをした。

彼女も求めてくるし、僕が求めたら彼女もそれに応じるだろう。でもそれは僕の望むところではない。

やりたくないことはやらない。ただそれだけのことだ。

 

 

 

彼女から求められて断った翌日、ネットで知り合ってかなり長く連絡が続いていた娘とのアポがあった。

 

いつもの駅。いつもの店。近くにホテルもある。いつもの導線を意識するだけでいい。

 

 

 

――けれど、僕は奇怪な行動に出た。

 

『告白』したのだ。彼女に。

 

上手く言葉が出なかった。いつもあれだけキレイな言葉を頭に詰め込んで、ルーティンも暗記して、自信満々に振る舞う事を強いられているはずなのに。

僕は弱気だった。

 

「なんか居心地良いし、一緒にいると安心できる。付き合お?」

「えっ、軽。それだけ?」

「うん。なんかよく分からんけど好きだわ、○○のこと。」

「いいよ笑」

 

 

書いてて恥ずかしくなってくる。中学生かお前は。

 

 

 

そんなこんなで僕はまた薄っぺらい口約束を交わした。

 

その後キスはしたがホテルはやんわり断られた。

 

セックスくらい、急がなくてもそのうちなんとかなるだろうと思えるようになっていた。