読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ、自然体でいるということ

やったことと、やりたいこと

セックストリガーを引かれたのは俺のほうだった

この前、初めて、普通の人とセックスをした。




ネットで知り合った女性と、飲んで、和んで、深い話をして、恋愛話をして、ボディタッチをして、ホテルに行ってセックスをした。




普通の女の子が、俺と抱きあっている。俺にキスをせがんでくる。俺のちんこで喘いでいる。
AVでしか見たことがなかった世界。俺がそこにいた。感動、の一言でしかなかった。



すごく気持ちよかったし、この子とまたしたいと思った。
失礼な行いがないよう、行為の後は紳士な立ち振る舞いをした。




また会おうねとLINEを送ると、既読無視。その後ブロックされていた。




顔が好みじゃなかったから?口が臭かったかも?セックスが下手だったから?割り勘にさせたのが悪かったかな?今回は真剣な相手を探していたのかな?




色々考えた。
考えてもしょうがない。俺の駄目なポイントが色々積み重なった結果、彼女の閾値に達してしまい、さようならされただけなのだ。




まさしくこの瞬間、俺は非モテコミットに陥っていたと言えるだろう。
セックスした瞬間は、「セックストリガーを引いてやったぞ!後はキープするだけだ!」なんて内心思っていたが、



「セックストリガーを引かれたのは自分だった」という事に気付くのには、すこしばかり、時間を要した。