ただ、自然体でいるということ

弛緩するコミュニケーション

メラビアンの法則について考えてみた

 

 

「好意や反感などの感情を伝えるコミュニケーション」という特定の状況下において、言語情報と聴覚情報と視覚情報が矛盾した場合、相手が重視するのは

 

 

・言語情報:メッセージの内容 が7 %、
・聴覚情報:声のトーンや口調 が38 %、
・視覚情報:ボディランゲージや見た目 が55 %

 

 

というものである。

 

 

 

女性と「会話」する際に、「言葉」の内容を考えすぎて、「声のトーンや速さ」、「目線」「ボディランゲージ」がそれに見合わなかった場合、あなたが必死で捻り出した「言葉」は信用されない。

 

 

 

逆に考えれば、「好意を伝えるコミュニケーション」において、「言葉」がシンプルであっても「口調」「目線」などの非言語的なコミュニケーションからあなたの必死さが伝われば、相手は好意を受けとってくれるかもしれない。