ただ、自然体でいるということ

弛緩するコミュニケーション

どうしてこんなことになってしまったのか

何も考えずに楽しく生きていたはずだった

 

努力しなくてもなんとかなると思っていた

 

その末路がこれだ

 

どうせ誰かに助けてほしいだけなんだ

 

まともな恋愛がしたい セックスがしたい

 

お金を稼ぎたい 働きたくない

 

素直になっていれば

 

こんな斜に構えてさえいなければ

 

上手くいった 時々失敗して 傷付きながらも 上手くいったかもしれない

 

俺は自分が傷付きたくないだけなんだ

 

自分が可愛いだけ なにも変われない

 

1歩も先に進めやしない

 

身動きがおさとれない

 

金もない 女もいない 友達もいない

 

全部俺のせいだと おれがなにもしなかったせいだと 分かっていても 身体が動かない

 

どうして俺は ここまで追い詰められても なにもできないんだろう

 

死んだら楽になれると思うときもあるが 死ぬ勇気もなく 

 

うわべだけ人に合わせているだけの 小心者じゃないか

 

頑張るべきところで頑張れない 臆病者で

 

卑屈で 卑怯で すぐ逃げ出して

 

誰のせいにもできない 誰かのせいにすると嫌われるから 自分のせいにする

 

本当は全部人のせいにしたい 俺のせいじゃないって言いたい

 

社会のせいにしたい 親のせいにしたい 環境のせいにしたい 言い訳がしたい

 

ぜんぶおれがわるいのはわかってる それでも なにもできないんだ 1歩も前に進めないんだ

 

全部手に入れたくなる 全部手に入らないと分かっていても

 

金も女も友達もほしい

 

でも全部は きっと ものすごく努力しないと 別人にならないと 手に入らない

 

自分を変えるのは辛いことだ

 

自分と向き合うのは辛いことだ

 

失うことばかり恐れて なにもできない

 

死なないとは分かっていても 死の恐怖で前に進めない

 

一人で前に進めない 誰かに背中を押してもらわないと いけない ただの子供

 

余計なことを知りすぎた 余計な欲望を持ちすぎた

 

記憶を飛ばしたい なにもかも忘れたい

 

色々な情報が溢れて

 それを処理しきれずに

パンクして

 

今こうなっている

 

余計なことを考えない方がいい

 

疲れるだけだ