ただ、自然体でいるということ

弛緩するコミュニケーション

セクトラの失敗

女友達にセクトラを仕掛けて失敗した。

 

 

今考えるとかなり雑なものだった。

 

何も考えず、明るいだけのただの居酒屋で対面で座って普通に飲んで、愚痴って、お互いのことを喋った後にただなんとなくホテルに行こうと誘っただけだった。

そんな事で女の子が付いて来る気になるだろうか。

 

 

そんな気になるわけないよな。

 

 

 

普段なんとなく仲が良くて、話が合って、何かの間違いで許してくれるんじゃないかと思っていた。

 

そこには確実に甘えがあった。

自分でも何とかなるかもしれないという甘えだ。

 

 

 

準備と努力を怠った者には女神は微笑まない。

 

 

もっと本気になって挑まないと駄目だ。

 

半端な構えでは何も得られない。

むしろ相手を下に見ているのが露骨に出てしまい、不快な気分にさせるだけだ。

 

そう考えると、本当に失礼な事をしてしまったなと思う。

 

 

もう一度、きちんと向き合う必要がある。

完膚なきまでに準備してから挑まなければならない。

 

本気になった時にしか、チャンスの女神は微笑まない。