ただ、自然体でいるということ

弛緩するコミュニケーション

文章は勝手に踊り出す

最初はブログを書くということがとても億劫だった。特にタイトルや書き出し。

 

書き出す前に、あれを書きたい、あの人のような文章を書きたい、あれを紹介したいという様々な気持ちがよぎる。

 

ちょっと真似してみたりもするのだけれど、どこかで、まるで自分の欠いた文章ではないような感じがして、気分が悪くりその先が続けられなくなる。当然お蔵入りである。

 

けれど、なんとなく、気持ちに任せて文章を書いてみると、書きたいもの、吐き出したいものがスラスラと出てくる。

それはまるで自分が見てほしかったもの、聞いてほしくてウズウズしていて溜まっていたものが、ワーッと飛び出てくるようで、我ながら色々と溜め込んでいるんだなあ、と感じる。

 

僕の脳から画面をタップする指先に直接送られる文章は脱線だらけで、ひどくまとまりがない。

 

けれど、それもまた目的地のない旅のようで楽しいものだ。

 

このようなものでもよければ、ぜひこれからも付き合っていただきたい。